歯科医院で処方される痛み止めについて

虫歯等で歯の治療を行う際や歯周病などで歯茎を切る必要がある場合、治療する際に生じる痛みを一時的に消すために治療する部分に麻酔をかけて治療を行います。
しかし数時間すると麻酔の効果は切れてしまい、痛みが生じるようになってしまいます。
そこで歯科医院では、麻酔が切れた後の歯痛・神経痛を抑えるために痛み止めが処方されます。
そして歯科医院で処方される痛み止めは、さらに中枢に働きかける「解熱鎮痛薬」と、局部に働きかける「抗炎症薬」に分けられます。

まず中枢に働きかける「解熱鎮痛薬」ですが、代表的なものとしてカロナールが挙げられます。
この薬は脳に働きかけて、痛みを感じにくくさせます。
また歯の治療を行うと、治療した部分が刺激を受けて炎症を起こし、発熱することがあります。
解熱鎮痛薬は脳に働きかけて、熱を放出させる作用もあります。

一方局部に働きかける「抗炎症薬」には、主にボルタレンとロキソニンが挙げられます。
身体は一部分に刺激があるとその部分に炎症が起こります。
この時、痛みの原因となる成分も作られます。
抗炎症薬はこの痛みの原因となる成分の発生を抑えることにより、炎症による痛みを抑制します。

さて、ボルタレンもロキソニンも歯痛に限らず、炎症を抑える薬として様々な場面で使用されています。
この2つの薬はどちらも基本的な働きは同じですが、効果の出方に違いがあります。

ボルタレンは非ステロイド系抗炎症薬の中でも特に強い力を持っています。
そのため神経を治療した場合や歯茎を多く切り、強い神経痛・歯痛が生じる恐れがある場合、特に有効となります。
一方ロキソニンは即効性に優れています。
そのため麻酔の継続時間があまり長くないことが予想される場合には有効となります。
なお、薬の持続時間そのものはあまり大差ありません。

そして歯科医院で処方された痛み止めを飲む際、いくつか注意しなければならないことがあります。
一つはあくまでも痛みを完全に消すものではなく、一時的に抑制するものだということです。
もし痛み止めを飲んでも炎症が収まっていなければ、薬の効果が切れた際に再び痛みが生じる恐れがあります。
逆に処方された数だけ痛み止めを飲んでも痛みが消えない場合は、何か別の問題が生じている可能性があります。
その場合は医師に相談するようにします。

また痛み止めは処方されたからといって必ず飲み切らなければならない、というわけではありません。
もし痛みが生じなければ、無理に飲まなくても大丈夫です。
ただし薬を飲んでから効果が出るまでに、最低でも1時間は見ておきたいです。
そのため治療内容によっては、まず1つ薬を飲んでおくのがおすすめです。

関連記事

このサイトの情報

え、歯周病と糖尿病ってなんか関係あるの!?実はあるんです。歯の病気は思いもよらない重大な病気を引き起こす可能性があります。糖尿病のコントロールはもちろん大事ですが歯周病への意識をしっかり持たなければ、口腔ガンの可能性も出てきます。知るべきことはたくさんありますが、まずは歯周病がなぜなるのかも含め、一つずつ知っていきましょう。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード