インプラント治療費は莫大?手術代は高額になる?

インプラント治療を受ける場合、どのくらいのお金が必要なのか気になるという方も多くいるでしょう。
インプラント治療は、保険適用外の自費治療です。
お金と通帳と電卓全額自己負担の治療費となるため、どのくらいの費用がかかるのかは重要な問題です。
一般的にインプラントの治療費は、30万~50万円かかります。
なぜ30万~50万円もの費用が必要になるのでしょうか。

高額の治療費の秘密は、手術方法にあります。
手術を行うとき、まずは歯があった部分に義歯の土台となるフィクスチャーを埋め込みます。
フィクスチャーは4つのタイプにわけられ、その中でも多く使われるのがスクリュータイプです。
スクリュータイプのフィクスチャーはねじのような形をしていて、骨に埋め込む際の穴が小さくて済みます。

土台となるフィクスチャーを埋め込んだら、次は義歯とフィクスチャーをつなぐアバットメントを装着します。
アバットメントの素材に応じて、インプラント治療にかかる費用は異なります。
アバットメントの素材には、チタンなどの金属製のものとジルコニアなどの非金属のものにわけられます。
金属製の素材の場合は5万円前後、非金属性の場合は10万円以上かかってしまいます。

インプラント手術に対する恐怖や眠っている間に手術をしてほしいという場合には、麻酔医による麻酔を利用することもできます。
静脈内鎮静法などの麻酔を利用することで、手術中は眠っているような状態になります。
ただし静脈内鎮静法などの麻酔を受ける場合には、別料金が発生するので注意しましょう。
麻酔の費用は歯科医院によって異なりますが、8万円前後必要です。

またアバットメントの上に装着する上部構造の素材によっても、値段は異なります。
メタルの上部構造なら5万円ほどで済みますが、セラミックの素材を選択すると10万円以上かかることもあります。
このようにインプラント治療というのは、1つ1つのステップでどのような素材を選択するのかによって、費用に差が生まれます。

選択する素材によっては高額な治療費になってしまうため、治療を検討するときには負担を減らす方法を把握しておきましょう。
インプラント治療を受ける場合、医療費控除が利用できます。
医療費控除を申請することで、住民税が減額するなど費用負担を減らせます。
またインプラントのような自由診療の場合、歯科医院の支払いにクレジットカードも利用できます。
分割払いにして、1度の負担額を減らすのも1つの手です。

〇インプラントの治療費はどこでも同じ?
大阪市でインプラント治療を行うなら治療費を低く抑えられるかもしれません。
インプラント治療を行う歯医者さんの競合がひしめきあう場所なら価格競争も激しく行われているはずです。
失敗のできない大切な手術になるので遠方の方も大阪という街を利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

このサイトの情報

え、歯周病と糖尿病ってなんか関係あるの!?実はあるんです。歯の病気は思いもよらない重大な病気を引き起こす可能性があります。糖尿病のコントロールはもちろん大事ですが歯周病への意識をしっかり持たなければ、口腔ガンの可能性も出てきます。知るべきことはたくさんありますが、まずは歯周病がなぜなるのかも含め、一つずつ知っていきましょう。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード